パン焼きに挑戦

「おうちで手軽に(引きこもったまま一切の外出をせずに)焼きたてのパンを食べられたらいいな~」とずっと思ってはいたのですが、たぶん自分はパン焼きなんてすぐに飽きて、ホームベーカリーを買ってもすぐに邪魔な置物になってしまうのだろうなぁ、と躊躇していました。

そこに、「ホームベーカリー機能付きレンジ」というのを見付けて、「これなら、もしパン焼きに飽きても普通のレンジとして使える!」と購入してみました。

日立 ベーカリーレンジ ヘルシーシェフ MRO-BK1000:
http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/lineup/mro-bk1000/

庫内容量33Lというのは一人暮らしには完全にオーバースペックですが、ベーカリーレンジはこのサイズしかないので、妥協しました。
もう少し小さいサイズで出してほしいです。


まずは食パンに挑戦。

材料は無難に、レンジのマニュアルで推奨されているものにしました。

日清 カメリヤ チャック付(強力小麦粉):
http://www.nisshin.com/products/detail/4902110341812.html

日清 スーパーカメリヤ ドライイースト ホームベーカリー用:
http://www.nisshin.com/products/detail/4902110399479.html

このドライイーストは、1回分が小分け包装されていてとても便利です。
小麦粉も1回分を小分け包装してくれたらいいと思います。


レンジの操作は、「材料を投入してボタンを押すだけ」でした。簡単です。
音は、ねりの時に時々「ガチョッ」と音がする(ドライイースト自動投入音?)以外は静かです。

ジャスト2時間で完成。 普通のホームベーカリーより早い?

見てくれは少々いびつですが、ちゃんとできました!

IMG_2005.jpg





IMG_2011.jpg

一番下に穴が開くのは、自動ねりの羽があるための仕様です。


食べてみると、、、美味しい!!
パン屋さんのパンと遜色ないですよ。
何もつけなくても、そのままで美味しいです。
耳はカリカリに硬め、中身はもっちもちです♪
美味し~い♪

さすがに一斤何もつけずに食べるのは、途中で飽きましたが・・・。
途中からはハチミツをかけて食べました。
次回はソーセージを用意しておこうと思いました。

ラピュタの目玉焼き乗せパンもやってみたいです。
パズーならきっと、パンも買ってくるのではなく自分で焼いているのではないかと思うのですよ。

ただ、パンを焼く前に、カレー粉をまぶした焼きそばをレンジで作っていたため、パンがカレー粉臭かったですw
焼きそばを作ったら、脱臭した方がよいです。


初めてでもこんなに簡単にパンが焼けてしまうなんて、良い機械ができたものです。
関連記事

コメント

非公開コメント