『エンジェルウォーズ』

http://wwws.warnerbros.co.jp/suckerpunch/

原題: 『Sucker Punch』(予想外のパンチ)

実は重い話ですが、そんな事はどうでもよく、妄想世界で活躍する少女達のアクションシーンが見どころです。
ミニスカ、日本刀、銃、飛行機、ドラゴン等、オタクの好きな要素がたっぷりです。

映像のセンスがツボでした。
構図がかっこよく、飛んでくる弾丸をアップで見せたり、機関銃から薬莢が落ちるシーン等でのスローモーションの入れ方が効果的でした。

ストーリーは、妄想世界の中で更に一段奥の妄想世界に入り込むという、やや難解な構成ですが、そんな難しい事は抜きにして、奥の妄想世界でワケのわからない戦いをずっと続けてほしかったです。

よく分からないストーリーでビジュアル重視の映画というと、邦画の『CASSHERN』を思い出しましたが、アクションはエンジェルの方が遥かにかっこよかったと思います。

ただ、この手の作品ではかなり重要なポイントであるヒロイン達のルックスが全くツボにハマらなかった事が、残念でした。
日本人受けする女の子ではありません、ね・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント