『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

「アニメを実写化した作品は絶対に面白くない」という確信がありつつも、怖いもの見たさでついに観てしまいました。

期待値底辺で見たためか、思ったより酷くはなかったと思います。
CGはそこそこがんばっていましたし、原作とは異なる設定もそれ程酷いとは思いませんでした。

ただ、ハリウッドと比べてしまうとやはり予算がないのか、ヤマト艦内がチャチだったり、売りのCGシーンは少なかったりします。

予算がない映画でも人間ドラマが面白ければ良いのですが、この作品は人間ドラマも残念でした。
いつの間にか恋仲になっていたり、いつの間にか信頼し合っていたりします。
敵側とのやり取りもほぼありません。

時間の尺が足りないというのは分かりきっていましたが、せめて人間ドラマの部分だけでも、もう少し丁寧に描いてくれればまだ良かったと思います。


と、酷い事ばかり書いていますが、途中で席を立ったり寝たり再生を止めたりする程の酷さではなかったという点で、一応期待以上でした^^;



http://www.toho.co.jp/lineup/space_battleship_yamato/
関連記事

コメント

非公開コメント